五泉のたから

2018.11.30

五泉高校チーム~鈴くらの旅~いろりで温まりませんか?

今回私たちは、咲花温泉の平左ェ門いろりの宿に取材してきました!

平左ェ門いろりの宿の名前の由来は、約300年前からある代々の屋号をそのまま使ったことで平左ェ門となり、この宿には囲炉裏がたくさんあることで、いろりの宿という名前になったそうです。


外観

宿は、周りの宿と比べ、こじんまりとしていて、落ち着いた雰囲気でした。
まるで自分の家に帰ってきたように、迎えてくれます!

この宿のこだわりは、お客様が望んでいる事をできるだけ提供するようにしているそうです。最近ではスリッパで転んだお客様がいたので、全館に変え、裸足でいられるようにしたそうです。


売店

なんといっても、この宿のいちばんの魅力は温泉です!
平左ェ門の温泉には、周りの温泉では汚れが目立つという理由で、使わない白の浴槽を使っています。そのおかげで、温泉の色が映えとても綺麗に見えます!!
温泉からは阿賀野川大きな山が見え、私たちが行った時は、ちょうどラインくだりをしている船と、山には紅葉がとても綺麗でした!温泉からは綺麗な景色が見れ、温泉の効果とともにくつろげます!

宿の料理は見た目は派手ではないけれど、お客様からはとてもおいしいといってもらえるそうです。
食材には、五泉のものをふんだんに使っており、料理は手作りで作れるものはできるだけ宿で作っています!


温泉

私たちを迎えてくれたのは、とても温かく優しい社長さんと女将さんでした!
露天風呂に行くまでの道は、昔ながらでとても風情がありました。

千客萬来』この言葉は、社長さんの同級生の方が温泉の活性化を願い作ってくれたものだそうです。
このほかにも、今では見られない景色を撮ってプレゼントしてくれた写真が飾ってありました。


風情

湯めぐり手形というのは、泊まった旅館の温泉以外の温泉も利用できるというものです。これは温泉を盛り上げるために作ったもので、そのほかにも、新潟薬科大の学生さんがいろいろ考えてくれているそうです。

最近は、ネットをはじめてから今まで年齢層が高めだったのが、若い女性のお客さんが来るようになったそうです。また、私たちの記事を見て、もっと若い年代の人にも来てほしいです!!


湯めぐり手形

咲花温泉の最寄り駅の咲花駅は、改札がないので切符を買うようにしましょう!
咲花温泉の中でも、一番じょんのびできる平左ェ門いろりの宿へ是非行ってみてください!!!

Copyright © 五泉市観光協会 All Rights Reserved.