五泉のたから

2017.09.27

【五泉高校第7弾】咲花温泉のおいしいお饅頭の秘密…

今回は咲花温泉の取材で立ち寄ったお饅頭屋さんについて紹介します。


お店外観

創業56年でお饅頭笹団子などお土産品を販売しているお店竹若屋本舗です。
場所は咲花温泉街の中でも高い土地に位置しており、水害にあったことはないそうです。坂を下ると大人一人隠れてしまうような高低差です。

販売されているお饅頭は皮と餡のバランスが絶妙でとてもおいしかったです。
咲花の温泉宿で宿泊客の茶菓子として出されているそうです。また、温泉宿の売店でも購入することができます。


お饅頭

お饅頭は白と茶の二色で中がこしあんとつぶあんになっています。
それぞれとてもおいしく、ぺろりと平らげてしまいました。
はじめは、つぶあんだけを製造していましたが、お客さんの要望により、こしあんも作るようになったそうです。


赤鍋

こちらは赤鍋といわれる大きな鍋です。
これで、小豆を煮ていきます。赤鍋で煮ることによって、あんこの色がとてもきれいになります。普通の銀色の鍋で煮るのと、色の付き方が違うそうです!小豆は油断すると焦げ付いてしまうことや、少し古くなった小豆は煮えるのに時間がかかることなど、煮るのがとても難しいそうです。

続いて、お饅頭を包む機械です。なかなかフィルムで包む工程は見れないのでびっくりしました。
手で包んでいると思っていました・・・

とにかく工場内がピッカピカで、このような場所で作られたお饅頭だから美味しくて愛されているんだろうなと感じました。


お饅頭を包む機械

お店の方はとても親切で、咲花温泉について様々なお話しを聞かせてくれました。咲花温泉に訪れた際は、売店で購入するのも良いですが、竹若屋本舗へ足を運び、おしゃべりするのも楽しいですよ(^^♪

Copyright © 五泉市観光協会 All Rights Reserved.